読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦略的に生きる

心の強い人と、そうで無い人の違いはなんだろう?

イジられて、鬱屈する人と、シメた!と思う人もいる。

 

この違いは、どこから来るのだろうか?

 

イジられキャラは世に必要だし、世界を優しく保つ重要な役割だ。こういうと、それでも脇役ぽい感が否めないがそうじゃ無い。

いじることで、自分の心を安定させるような心の狭い奴になっちゃいけない。

メンタリストのダイゴが言ってたが、

企業のトップなどはイジられキャラが多い。

ついでミドルクラスはイジりキャラ。

底辺に多いのはまたいじられキャラが多いというのだ。

だから、イジられる人は能力が無いとか潜在的に持っている能力とはまったく関係ない。ただし上記のようなヒエラルキー傾向があるのも事実。これはどこかれ来るのだろう?

 

やはりこの分かれ道は冒頭の問いに戻ることになる。

多分、

鬱屈としてしまう人は底辺にいき、シメたと思える人は高いポジションに行くのだと思う。

 

その違いは、性格によるところが多いのか

やはり自己肯定感が低い人は前者に当てはまっていくのだろう。

他に誇れるものが無かったり、このコミュニティしか無かったり「余裕」がないのだ。

だから、今こういうとことで悩んでる人に言いたい。外に出て1人で黙々と努力して自己肯定感を高めてください。

試験に合格した日、店員に服のセンスを褒められた日、彼女ができた日…

 

とんでもなくテンションが上がり自分はイケてるんだなぁと思ったことでしょう。

 

こういう日をいっぱい増やすことが大切です。

余裕を増やすことが大切なんです。

 

そうすればいじられキャラは強力な武器になります。普通の人じゃ、味わえないことも分かるようになる。言わば選ばれし者なのです。

いじられキャラブルジョアジーなのです。

諸刃の剣であり、ドンドン鬱屈して良いように使われていくのか?この状況を楽しむことが出来るのか?

 

それは結局余裕があるか無いかです。

 

だから僕は今日も本を読んでます。